自動車運転免許AT免許とMT免許あなたはどちらを選ぶ?

メリットとデメリットが異なる

特徴を調べてみよう

一刻も早く運転免許を取得したい人は、AT免許がおすすめです。 実はAT免許とMT免許では、講習を受ける時間が変わります。 それに伴って料金も変化し、MT免許の方が高いです。 事前に料金を調べて、予算的にMT免許が厳しいと思ったらAT免許にしましょう。

どんな車でも運転できる

普通乗用車であれば、基本的にどんな車でも運転できるのがMT免許の良いところです。 MT免許は、MT車でもAT車でも運転できます。 ですがAT免許は、AT車しか運転できないと覚えておきましょう。 就職したい会社の採用条件をよく見て、免許の種類を決めてください。

レンタカーを借りる場合

出張や旅行で海外に行った時に、レンタカーを借りる機会が訪れるかもしれません。 その時にAT車を渡されても対応できるよう、AT免許を取得しておくのがおすすめです。 最初はMT免許を取得しても、後で講習を受ければAT免許に切り替えられるので安心してください。

すばやく取得できるのは

早く運転免許を取得したい人は、AT免許を選んでください。
MT免許は受講時間が長く、それに伴って料金も高くなります。
さらにMT免許は、難易度がAT免許に比べて高いので注意してください。
教習所での講習を終えても、なかなか試験をクリアできない人がたくさん見られます。
MT免許を取得しようと思っているなら、こまめに習ったことを振り返るなど熱心に勉強しなければいけません。

就職活動に有効なのは、MT免許です。
様々な会社の求人を見ると、運転免許が必須だと記載されているかもしれません。
中にはAT免許だけを持っている人は、採用できないというルールになっている会社も存在します。
どこの会社でも就職できるように、MT免許を取得しておくと安心ですね。
MT免許があれば、MT車でもAT車でも運転することができます。
事前に就職したい会社が決まっているなら、採用する条件を詳しくチェックしましょう。

海外に行く機会が多い人は、MT免許がおすすめです。
日本ではAT車が普及していますが、海外ではAT車が普及しておらず、レンタカーを借りる時にMT車しか選べないかもしれません。
その時にAT免許しか持っていないと、海外で車を借りたい時に困ります。
MT免許があれば、海外でレンタカーを活用する時でも対応できるので便利でしょう。
仕事でもプライベートでも、海外に行く頻度を考えて免許の種類を決めてください。
ちなみに最初はAT免許を取得しても、後からMT免許に切り替えられます。