どんな車でも運転できる

就職の幅が広がるメリット

多くの会社では、自由に移動できるように運転免許が必須だという条件になっています。
中にはMT免許を持っている人しか採用しない会社もあり、AT免許しか持っていない人は就職できる会社の幅が狭くなります。
就職活動を有利にしたい人は、MT免許を取得するのが良いですね。

特に営業の仕事をする時は、会社の車を使うことが多いです。
その車がMT車だということが考えられるので、就職を希望している人はどんな車でも運転できるようになってください。
いつも求人を見る時は、仕事内容や時給ばかり見ている人が見られます。
しかし運転免許が必須なのか、AT免許でも良いのかという部分も忘れずにチェックしましょう。
問題がなかったら、求人に応募できます。

好きな車を選択できる

自分が車を買う時も、MT免許だと選択の幅が広がると言われています。
新車はAT車が多いですが、かなり高額な価格が発生します。
そのため予算が少ない人は、中古車の中から選ぶのが無難でしょう。
しかし中古車は昔に販売された車が多く、MT車であることが多いので気を付けてください。
せっかく安くて良い車を見つけたのに、免許の問題で購入できなかったらもったいないです。

他の車を探さなければいけないので、余計な時間が掛かってしまいます。
また中古のAT車があっても、MT車より高い価格が付けられている可能性があります。
車を購入する時のことを考えると、MT免許よりAT免許の方が大きなメリットを得られると忘れないでください。