レンタカーを借りる場合

あまりAT車が普及していない地域

日本全体を見てみると、AT車が普及しています。
ですから日本で暮らしていく時は、AT免許でも十分対応できるでしょう。
しかし仕事やプライベートで海外に行く機会が多い人は、AT免許だけでは対応できません。
その理由は、まだAT車が普及していない地域が存在するからです。

その地域でレンタカーを借りた場合は、当然MT車を渡されます。
しかしMT免許を持っていない人は運転できないので、海外での移動手段に困るでしょう。
車があれば自分で行きたいところに行けますし、バスや電車などの交通機関を使うよりも安全です。
海外に行く頻度が高い人は、念のためにMT免許を取得してください。
今は特に使わなくても、将来役立つかもしれません。

やっぱりMT免許が良い

最初はAT免許を取得したけれど、メリットを考えてやっぱりMT免許が良いと思うかもしれません。
その場合は運転免許試験場か、指定の自動車教習所に行くとAT免許の限定解除ができます。
運転免許試験場では、その場でMT車を運転できる技術を持っているのかチェックされ、すぐに合否を言われます。
短時間で限定解除ができますし、料金は3000円と安いですが難易度が高いです。

不安な人は、自動車教習所で講習を受けましょう。
その際は、4時間以上の技能講習を受けてから教習所内で試験を受けます。
こちらは50000円以上の費用が発生するので運転免許試験場の時よりかなり高額ですが、講習をしっかり受けられるので安全で、確実に限定解除できるメリットがあります。